関東支部からのお知らせ

最新10回分の記事

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2017年8月24日(木) 関東支部主催「日本パステル畫事始め展ー竹内鶴之助と矢崎千代二,二人の先駆者を中心に」解説鑑賞会

本展は目黒区美術館の開館30周年記念展の一つです.

明治に日本に伝えられ,大正期に国内生産が開始され,そして大正から昭和にかけて日本に普及したパステル画材.その魅力に焦点をあて,新しい出会いを探るという展覧会です.

明治初期に欧米に留学し,パステル畫を学んだ竹内鶴之助と矢崎千代二の多くの作品を中心したパステル畫を鑑賞できます.
また,パステルの国産化と普及がどのように進められていったかという画材の歴史についても知ることができる貴重な展覧会です.

http://mmat.jp/exhibition/archives/ex171014

日 時:2017年11月17日(金)18:00〜19:30.
    17:30以降は入館できません.
    それ迄に各自で入館はお済ませください.

会 場:目黒区美術館 目黒駅徒歩10分
    http://mmat.jp/

講 師:降旗千賀子氏(予定)

定 員:先着25名.
    日本色彩学会会員以外の方もご参加いただけます

参加費:無料(観覧料のみご負担ください)

申込法:11月10日(金)までに,
    件名を<パステル画−解説見学会申込み>とし,
    @〜BをメールまたはFAXでお知らせください.

    @氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/賛助/学生),非会員

申込先:関東支部事務局
    e-mail: kanto@color-science.jp
    FAX: 048-794-3901

本イベントは,閉館後の来場者のいない館内で,学芸員の方に作品の前で直接ご解説いただくという中々に贅沢な会となっています.
また,鑑賞の前に展覧会の趣旨や背景,パステルについてのお話などの解説も伺えますので,お時間よろしければどうぞご参加ください.

昨年も同館で解説鑑賞会を開催いたしましたが,とても充実した会で好評を博しました.
今回も皆様のご参加をお待ちしています.

2017年7月28日(金) 〈参加体験型セミナー:双眼一視の世界 色と形はどう見えるか〉

関東支部長 名取和幸
今般,関東支部では,長年に亘り観察色彩学を提唱してこられた小町谷朝生先生(東京芸術大学名誉教授)をお招きして,ご著書『キュクロプスの窓 ─ 色と形はどう見えるか(日本出版サービス,フルカラー 162頁)』をテキストに,参加体験型セミナーを開催いたします.
左右両眼を持ちながら,キュクロプス(額中央に一眼を持つギリシャ神話の巨人)と同様に一つの外界像を捉える私たちの視は,日常では意識されないひずみを含んでいます.安定的な見方にあえて揺さぶりを掛ける能動的観察を通して垣間見る視の世界は,驚きと不思議に満ちています.
色彩学の教育,指導に携る方はもちろんのこと,色彩学に関心をお持ちの方にとっても,色彩の新たな魅力を知り理解を深める好機となることでしょう.奮ってご参加下さいますようお待ちします.

【日  時】 2017年10月7日(土) 13:00〜16:30 

【会  場】 文化学園大学 A館19階 192教室〈所在地:〒151-8523 渋谷区代々木3-22-1〉
    最寄駅:各線新宿駅 (JR新宿駅南口または甲州街道改札より甲州街道を初台方面へ徒歩7分)
     アクセスマップはhttp://bwu.bunka.ac.jp/access/をご参照下さい.

【参 加 費】 会員:3,000円 / 学生:2,000円 / 非会員:5,000円 
     参加費(テキスト,実習用教材費を含む)は,当日会場にて申し受けます.

【申込要項】 ◎申込期限: 8月31日(木)まで.ただし,定員(20名)に達した時点で受付けを終了します.

       ◎記載事項:「参加体験型セミナー申込み」と明記し,@〜Cを明記の上お申し込み下さい.
           @ 氏名 A 住所 連絡先 B 会員(名誉/正/賛助/学生)・非会員(一般/学生)の別 C 交流会参加の有無
       
       ◎申込み先: 日本色彩学会 関東支部事務局( e-mail:kanto@color-science.jp fax:048-794-3901 )

【プログラム】 講師 小町谷朝生 氏 (東京芸術大学名誉教授)
 
       ■セミナー第1部 (13:00 − 14:00) 双眼視世界の探究─キュクロプスはどう見るか
        視のさまざまな様相と作用はどのようにして取得されるのか,視をつくる体制としての眼の働きと,外界情報を与える光や物質の振舞いを通して考え,
        さらに,双眼異像と双眼視の作用について考察する,
  ■ワークショップ (14:00 − 15:30) 対比現象におけるティッシュエフェクトの体験
        色陰現象による対比効果は,薄紙の効果(ティッシュエフェクト)によりどのように変化するか.反復視の効果によりどのように変化するか.
        標本の作製と観察を通して体験する.
 
       ■セミナー第2部 (15:30 − 16:30) 色と形はどう見えるか
        視はディストーション(ひずみ)に支えられたイリュージョナルな作用である.アナモルフォーゼをはじめとする形態認知の特徴を整理した上で,
        色と色,色と形の相互作用によって誘発され変容する色彩現象の体験を通し.われわれがどのように色を見ているかを探る.   
       
※ 準備物(定規,カッター,のり等)は参加者に別途ご連絡いたします.
       
※ 終了後,会場近傍にて交流会(参加費別途 3,500円〜4,000円程度)を予定しております.  

2017年7月28日(金) 《関東支部・人文系研究会合同開催》 公開講座「研究論文の書き方半日講座−論文を書く醍醐味を知る−」

関東支部長 名取和幸
色彩教材研究会 主査 永田泰弘
パーソナルカラー研究会 主査 稲垣有美子
(協力)環境色彩研究会

色彩学は学際的な学問分野で、広い研究領域を持っています。実験に基づく自然科学的な領域以外に、建築や環境、さらに、色彩文化や言語、美術、ファッションなど、いわゆる人文系の広大なテーマがあります。実験系の研究者であれば、研究を論文にして発表することが仕事ですから、日々、その稽古を積まれています。一方、人文系の課題に関心を持たれている方々の中には、調査結果を全国大会で発表してみたいとか、論文にまとめたいと思っても、その手順やポイントがよくわからないため、尻込みしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこでこの度、主に人文系テーマによる研究論文をこれから書いてみたいという方、あるいは、さらに完成度の高い研究論文を書きたいという研究者を対象に、その手順や様々なポイントについての公開レクチャーを開催する運びとなりました。
本講座は、関東支部と人文系の2研究会(色彩教材研究会、パーソナルカラー研究会)との3者による合同開催イベントです。そして、環境色彩研究会からは開催協力を受けております。講師には、これまで「人文学系研究論文の書き方1日講座(導入編・基礎編)」を関西支部主催で開講し、和の色彩文化を海外にも発信されている吉村耕治先生をお迎えします。下記のような内容を、事例を挙げていただきながら、分かりやすく具体的にご解説いただきます。
論理的で、魅力的な研究論文の書き方に関する本講座の内容は、レポートや本を書く場合にも参考となるかと思います。また、実験系の研究者にとっても人文系の論文の書き方を知ることができる貴重な機会となると思います。皆様のご参加をお待ちいたしております。

[日 時] 2017年9月16日(土) 13:00〜16:30

[会 場] 文化学園大学 A館18階 181教室 (新宿駅から徒歩7分)
     交通アクセス ⇒ http://bwu.bunka.ac.jp/acess/

[講 師] 吉村耕治 氏(日本色彩学会関西支部長、関西外国語大学短期大学部名誉教授、関西大学非常勤講師)

[定 員] 25名の定員に達しましたが若干増席いたします。お早目にお申込みください。

[参加費] 会員(正会員・名誉会員):1,000円 賛助会員:無料 学生:無料 非会員:2,000円
      テキスト代込み(A4判20頁程度)

[申込要項] ・申込期限 9月8日(金)まで。
       ・記載事項 「研究論文の書き方講座申込み」と件名に記載し、@〜Bを明記の上お申し込みください。
       @氏名 A住所、連絡先 B会員(名誉/正/賛助/学生)・非会員(一般/学生)の別
       ・申込み先 日本色彩学会 関東支部事務局( e-mail: kanto@color-science.jp fax 048-794-3831 )

[プログラム]  12:30〜    受付
       13:00〜13:20 挨拶―論文の書き方に関する「導入」の話 名取和幸
       13:20〜14:40 第1講「研究論文の構成を決定するまでのポイント」 吉村耕治
       14:50〜16:10 第2講「問題点の明示・引用の仕方・出典の明示法」 吉村耕治
       16:10〜16:30 質疑応答

※主な内容
 論文の構成の決定/主タイトルと副タイトルの付け方/「はじめに」を書くコツ/先行研究との違いの提示/引用の仕方・注の付け方・出典 の明示法・引用文献の表示/分かりやすい論文にする工夫/研究成果の質を高める工夫/要旨の書き方、要約の仕方/論文の文章構成法/句 読点やカッコの使い方など。

2017年3月8日(水) 2017関東支部大会<支部総会+公開シンポジウム>のお知らせ

2017関東支部大会<支部総会+公開シンポジウム>のお知らせ

                                     関東支部長 名取和幸

日本色彩学会関東支部では,2017関東支部大会を下記の通り開催いたしますので,是非ご参加ください.なお,公開シンポジウムは学会員でなくても参加できますのでお誘い合わせの上どうぞ.

日 時: 2017(平成29)年4月15日(土) 13:00〜17:20
会 場: 文化学園大学 A館192室(19F)  ※6月の全国大会の会場校です.
所在地: 〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1
最寄駅: 各線新宿駅.
     新宿駅から,甲州街道に沿って初台方面(都庁の方向)へ徒歩7分.手前が新宿文化クイントビル(高層)で,その先隣りが文化学園大です.正面入口から入り,エレベータで19Fに上がり,A館192室までお越しください.
     アクセスマップ http://bwu.bunka.ac.jp/access/
■総会 13:00〜13:30
 
 議 題:第一号議案 平成28年度事業報告承認の件
     第二号議案 平成28年度収支決算報告承認の件
     第三号議案 平成29年度事業計画承認の件
     第四号議案 平成29年度収支予算案承認の件
     第五号議案 平成29年度役員承認の件

■公開シンポジウム

『顔に出会う,色に出会う』
顔の色というのは特別な色です.純色からみれば中途半端な色のように見えても,色を評価する際の基準となる重要な色でもあります.わたしたちの色覚が,顔の色の微妙な違いや変化を見分けられるように進化したという仮説も提出されています.そこで,本シンポジウムでは,顔と色に関わる最新の研究や考え方に触れ,あらためて顔と色との関わりについて考えてみたいと考えています.講演内容は,赤ちゃんと成人を対象とした脳活動研究と,自らの容姿を理想化する画像加工や意識についてです.
 
13:50〜13:55  開会挨拶

13:55〜14:45 「プリクラの最新事情−シンデレラテクノロジー」 久保友香(東京大学大学院)
         顔の画像加工のお話など,提唱される「シンデレラテクノロジー」について.

14:55〜15:45 「顔の認知における顔の色のはたらき」  南哲人(豊橋技術大学)
         顔の認識における顔の色の処理の関わりなど.

15:55〜16:45 「赤ちゃんは顔を読む」  山口真美(中央大学)
         赤ちゃんが顔や色をとらえる能力や仕組み.脳活動の最新研究を中心に.

16:45〜17:15  総合討論

17:15〜17:20  閉会挨拶

大会終了後に 新宿ワシントンホテル内「カプリチョーザ」で交流会を行います(17:40〜)
参加費: シンポジウム資料代1,000円, 交流会3,240円 (当日受付でお受けいたします)

申込み: 2017年4月7日(金)までにお申し込みください.
     ◎記載事項:件名を 「2017支部大会シンポジウム申込」 とし、@〜Cをお知らせください.
     
     @氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/賛助/学生)・非会員 C交流会への参加・不参加
     
     ◎申込先: 関東支部事務局 (e-mail: kanto@color-science.jp FAX.048-794-3901)

2016年10月16日(日) <色の博物誌 江戸の色材を視る・読む展> 解説と講演会

主催 日本色彩学会関東支部
協力 目黒区美術館

 目黒区美術館では,1992年から2004年にかけて,「青」,「赤」,「白と黒」,「緑」,「黄色」を
テーマにした「色の博物誌」展が5回にわたり開催されています.そしてこの度,12年振りに第6回の
「色の博物誌」展が開催されます.今回のテーマは,江戸時代の浮世絵や国絵図(幕府が藩に描かせた
豪華絢爛な絵地図)に用いられている色材です.
 関東支部では,学芸員の降旗千賀子氏に作品と展示についての解説と案内をお願いし,緑青や朱など
粒子が際立った不透明な無機系の色材(顔料)と,藍,紅,藤黄,青花などの透明感のある有機系の色
材(染料)により描かれた浮世絵や国絵図の鑑賞と講演会を行います.2種の色材による作品をじっくり
と視て,その違いを読み,画法や色材の作り方にも触れることができます.また,当時の色材を推定し
て作られた浮世絵版画の復元作品の展示もされます.お誘いあわせの上.是非ご参加ください.
                                    関東支部長 名取和幸

日 時:2016年12月1日(木)18:00〜
    ※17:30以降は入館できません.それまでに各自で入館してください。
    入館がどうしても17:30を過ぎる方は相談ください.

集 合:18:00に下記館内の展示場入り口近く

会 場:目黒区美術館 東京都目黒区目黒2-4-36
    各線目黒駅(山手線・東急目黒線・南北線・三田線)下車徒歩10分
    アクセスマップはhttp://www.mmat.jp/をご参照下さい.

講 師:降旗千賀子氏(目黒区美術館学芸係長)

定 員:先着25名.日本色彩学会会員以外の方もご参加いただけます.

参加費:無料(観覧料のみご負担ください)
    観覧料は一般800円,その他については下記HPをご覧ください.
    http://mmat.jp/exhibition/archives/ex161022

申 込:11月24日(木)までに,件名を<色の博物誌−解説と講演会申込み>とし,
    @〜BをメールまたはFAXでお知らせください.

    @氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/賛助/学生),非会員

申込先:関東支部事務局
   (e-mail: kanto@color-science.jp FAX 048-794-3901)

2016年9月8日(木) [色の博物誌ー江戸の色材を視る・読む」見学会予告

目黒区美術館
[色の博物誌ー江戸の色材を視る・読む」見学会予告

11月中旬から12月初旬に上記見学会の企画を進めています。
当日は同館学芸係長の降旗千賀子氏によるレクチャーが有ります。
10月中旬までに学会ホームページにて詳細をお知らせ致します。

展覧会は、「江戸時代の豊穣な色材」をテーマに、緑青、朱など、粒子が際立つ不透明感のある無機系の色材と、
藤黄、アオバナ、紅、藍などの透明感のある有機系の色材に着目し、人の知恵と工夫により丁寧に作られてきた
色料や絵の具により制作された《国絵図》と《浮世絵》で構成されます。

展覧会ホームページ http://mmat.jp/exhibition/archives/ex161022

2016年2月12日(金) 2016 関東支部大会≪関東支部総会+公開シンポジウム≫

2016 関東支部大会≪関東支部総会+公開シンポジウム≫
                          関東支部長 小松原仁

日本色彩学会関東支部では、2016関東支部大会を下記の通り開催を予定しています。

日 時:2016年(平成28年)4月2日(土) 13:00〜13:50
会 場:東京家政学院大学 1号館1508教室
所在地:〒102-8341 東京都千代田区三番町22
最寄駅:JR中央線・総武線/東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 徒歩8分
    東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅 徒歩8分
    (アクセスマップはhttp://www.kasei-gakuin.ac.jp/site/access.htmlをご参照ください。)

議 題:第一号議案 平成27年度事業報告承認の件
    第二号議案 平成27年度収支決算報告承認の件
    第三号議案 平成28年度事業計画承認の件
    第四号議案 平成28年度収支予算案承認の件
    第五号議案 平成28年度役員承認の件

■公開シンポジウム:「今、求められる色」
平成22年に「企業と色彩」との公開シンポジウムを開催しました。それから6年が経過して、新たに社会がどの様な色を
求めているのかを考える切っ掛けを作る意味で、今回、照明、化粧、塗料で現在求められている色についての講演を企画
しました。さらに、日本色彩学会としては新しい試みとして、伝統と新しさを追求している華道の草月流からも今求めら
れている色について講演をお願いします。これらの講演の後に日本色彩学会の今後の活動を模索する討論を行うことを希
望し、本シンポジウムを開催いたします。

日 時:2016年(平成28年)4月2日(土) 14:00〜17:00
会 場:同上

プログラム
14:00〜14:05 開会の挨拶
14:05〜14:40 照明                  岩井 彌(パナソニック)
14:40〜15:15 化粧                  五十嵐崇訓(花王)
15:15〜15:50 塗料分野のカラートレンドと色彩かがく  増田 豊(関西ペイント)
15:50〜16:25 いけばなにおける色のイメージ      澤田晃映(草月流師範会理事 本部講師)
16:25〜16:50 総合討論
16:50〜17:00 閉会の挨拶

参加費:シンポジウム資料代1,000円 交流会4,000円
申込み:シンポジウム及び交流会への参加は、3月25日(金)までにお申し込みください。
◎記載事項:件名を<2016支部大会シンポジウム 申込み>とし、@〜Cをお知らせ下さい。 
      @氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/賛助/学生)・非会員 C交流会への参加・不参加
◎申込先:関東支部事務局(e-mail : kanto@color-science.jp FAX.048-794-3901)

2015年10月15日(木) 関東支部/女子美術大学共催  色彩心理学が目指すもの−近江源太郎元副会長追悼講演会− 開催案内

関東支部/女子美術大学共催
色彩心理学が目指すもの−近江源太郎元副会長追悼講演会− 開催案内
関東支部長 小松原 仁

 日本色彩学会関東支部では、女子美術大学との共催で、1月にお亡くなりなりました近江源太郎元副会長を追悼して、同氏の研究領域である色彩心理学の現状とその目指すものを考える機会として、講演会を開催することにしました。ぜひご参加をお願いします。

日 時:2015年12月12日(土) 13:00〜17:00
会 場:女子美術大学杉並校舎 7号館7201教室
    東京都杉並区和田1-49-8(地下鉄丸の内線新中野駅/東高円寺駅より徒歩10分)

プログラム
 13:00〜13:05 開会の挨拶
 13:05〜13:55 「造形心理学」からの展開―感性認知学の出発点― 三浦佳世(九州大学)
 13:55〜14:45 心理学とデザイン―デザイン心理学とは―     日比野治雄(千葉大学)
 14:45〜14:55 休憩
 14:55〜15:45 色名色空間ー色と言葉と感情と          名取和幸(日本色彩研究所)
 15:45〜16:35 人はなぜ絵を描くのか              入江観(元女子美術大学)
 16:35〜16:55 質疑
 16:55〜17:00 閉会の挨拶

なお、講演会終了後に、近江源太郎元副会長を偲ぶ会の開催を予定しています。ぜひご参加ください。

参加費:資料代1,000円 偲ぶ会5,000円
申込み:講演会及び偲ぶ会への参加は、11月30日(月)までにお申し込みください。

◎記載事項:件名を<講演会 申込み>とし、次の@〜Cをお知らせ下さい。
      @氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/学生)・非会員 C偲ぶ会への参加・不参加
◎申込み先:関東支部事務局(e-mail : kanto@color-science.jp Fax.048-794-3901)

2015年3月12日(木) 2015関東支部大会<<関東支部総会+公開シンポジウム>>

2015関東支部大会<<関東支部総会+公開シンポジウム>>
                            関東支部長 小松原 仁

 日本色彩学会関東支部では,2015関東支部大会を下記の通り開催を予定しています.
詳細につきましては次号ニューズにてお知らせします.

日 時:2015(平成27年)年3月28日(土) 13:00〜17:00
    13:00〜13:50 2015(平成27)年度日本色彩学会関東支部総会
    14:00〜17:00 公開シンポジウム:視覚のバリアを超えて−カラーユニバーサルデザインが目指すもの−

会 場:慶應義塾大学三田キャンパス 西校舎513号室

■ 関東支部総会 

[議 案]第一号議案 平成26年度事業報告承認の件
     第二号議案 平成26年度収支決算報告承認の件
     第三号議案 平成27年度事業計画承認の件
     第四号議案 平成27年度収支予算案承認の件
     第五号議案 平成27年度役員承認の件
     その他

■公開シンポジウム

 ユニバーサルデザインは,すべての人が,可能な限り最大限まで,特別な改造や特殊な設計をせずに利用できるように
配慮された,製品や環境の設計を意味しています.
何らかの機能に制限を持つ人々はもとより,健常者にとっても利用しやすいことが求められます.
このためには,色彩の機能を利用した適切な色の選定,より区別しやすい色の組合せが重要になります.
色彩に着目したユニバーサルデザインについての考え方を,実際の事例をとおして、どのように視覚のバリアを超えるこ
とができるかを考えてみたいと思います.

プログラム
14:00〜14:05 開会の挨拶
14:05〜14:45 ロービジョンとユニバーサルデザイン  中野泰志(慶應義塾大学)
14:50〜15:30 高齢者及び若齢者の基本色彩領域   伊藤納奈(産業技術総合研究所)
13:35〜16:15 全盲視覚障害者に衣服の色を伝える触覚タグ「いろポチ」の開発   佐川 賢(日本女子大学)
16;20〜16:50 総合討論
16:50〜17:00 閉会の挨拶

参加費:シンポジウム資料代1,000円 交流会3,510円(イタリア食堂TOKABO田町センタービル店)

申込み:シンポジウム及び交流会への参加は,3月20日(金)までにお申し込みください.

◎記載事項:件名を<2015支部大会シンポジウム 申込み>とし,次の@〜Cをお知らせ下さい.

@氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/学生)・非会員 C交流会への参加・不参加

◎申込み先:関東支部事務局 e-mail : kanto@color-science.jp  Fax.045-566-1374

2014年12月25日(木) 2015見学会<文化学園服飾博物館 時代と生きる ―日本伝統染織技術の伝承と発展―>

2015見学会<文化学園服飾博物館 時代と生きる―日本伝統染織技術の伝承と発展―>
                                   関東支部長 小松原仁



 友禅,絞り染め,染め,絣,紋織り,刺繍...日本の伝統服飾である着物や帯に関わる染織技法は,世界に類を見ないほど
多岐にわたっています.これらの技術は概ね江戸時代に確立され,明治時代の産業の近代化=機械化に始まり,大正,昭和と時
代ごとに技術革新を加えながらも,伝統的な仕事にこだわり,技術の伝承がなされてきました.
本展では,江戸時代後期から現代までの着物や帯を紹介しながら,その中に生きる伝統技術と技術革新の歩みを見ていきます.
以上の趣旨で開催される展示会を,学芸員の吉村紅花氏の解説で見学をします.是非,ご参加ください.
なお,見学会終了後,参加者による交流会を開催します.見学会と合わせてご参加ください.

日 時:2015(平成27年)年1月31日(土)
    15時までに文化学園大学A号館19階A192教室に集合.
    それ以降は博物館に直接来館してください.

場 所:文化学園服飾博物館 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1階
    新宿駅(JR,線、小田急線、京王線、都営新宿線、都営大江戸線、丸の内線)南口より,甲州街道に沿って初台方面へ徒歩8分.

参加費:500円(入館料) 交流会3,500円(予定)

申込み:見学会及び交流会への参加は,1月23日(金)までにお申し込みください.

◎記載事項:件名を<2015見学会 申込み>とし,次の@〜Cをお知らせ下さい.

@氏名 A連絡先 B会員種別(名誉/正/学生)・非会員 C交流会への参加・不参加

◎申込み先:関東支部事務局 e-mail : kanto@color-science.jp  Fax.045-566-1374

[バックナンバー] [目次] [トップ]

日本色彩学会
Akiary v.0.61 (retouched)