美しい日本の色彩環境を創る研究会からのお知らせ

最新4回分の記事

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2018年5月17日(木) 「美しい日本の色彩環境を創る」研究会の見学会と講習会報告

[PDF版はここをクリックしてください]

「美しい日本の色彩環境を創る」研究会の見学会と講習会報告
開催日:2018年4月14日(土)15日(日)
場 所:宮崎県日向市
参加者:4/14、13名(美々津見学会と行政の講習会、LOJ会員・関係者10名)
    4/15、30名程度(日向市の景観の取り組みについての色彩講習会と現地見学会、LOJ会員と関係者11名)

【スケジュール】
4月14日(土) 
@15:00〜 国の重要伝統的建造物群保存地区「美々津」の見学会
日向市歴史民俗資料館 佐藤 久恵 館長
A17:50〜 宮崎県の景観についての取り組み 
宮崎県 県土整備部 都市計画課 美しい宮崎づくり推進担当 主幹 岡部 章 氏
B18:40〜 日向市の景観についての取り組み 
日向市役所 建設部 都市政策課 課長補佐兼技術調整係長 吉田 健二 氏
4月15日(日)
C9:30〜 日向市の景観の取り組みについての色彩講習と現地見学会
「美しい日本の色彩環境を創る」研究会活動について 主査 林 英光
日向市景観アドバイザー 山口 ひろこ 氏 

 4月14日には宮崎県美しい宮崎づくり推進室の岡部氏と、日向市建設部と都市政策課の吉田氏による景観行政についての講義があり、その内容はわが国トップクラスの先進的景観行政県だけあり、整然とした景観についての取り組みは実に見事なものであった。
15日は日本色彩学会「美しい日本の色彩環境を創る研究会」の活動説明と、関西から九州にわたり活動されている山口ひろ子氏によるきめ細かい景観アドバイザーとしての講演と、現地説明会があり、県民と建築家の参加とともに、免震構造の木材と白と赤の竣工直後の斬新な日向市役所を、議会・市長室まで細部にわたり見学出来た。 特筆すべきは、わが国には稀有な、県・市共に他都道府県に有りがちな縦割りの風土が見られない、行政・市民・業界が一体となり、自然体で美しい景観づくりに取り組んでいることであった。良き風土と歴史とともに宮崎交通の創始者であり、宮崎県の観光の父と称えられる実業家の岩切章太郎氏の思想と志が引き継がれていることが基本にあると感じた。ここには人と、優しく温かい風土に支えられている景観があり。初日の雨模様の美々の里の見学は、しっとりと丁寧で優しい伝統的街並みと、伝説の神武東征の船出の港が古代への想いを馳せる風景であった。

消防車車庫の前にて記念撮影


日向市歴史民俗資料館 
佐藤館長より往時の美々津のまちの歴史を学ぶ


AB宮崎県と日向市の景観行政の取り組み講習


C日曜日早朝より市とLOJのセミナーは市民30名余の聴講者もあり、景観への関心の高さが感じられた。


日向市駅周辺の取り組みについて講習と現地まち歩き見学会


明るい感じの日向市新市庁舎見学会

2016年12月1日(木) 「美しい日本の色彩環境を創る」研究会会員の募集

「美しい日本の色彩環境を創る」研究会(Landscape Color of Japan: LOJ) 会員の募集

主査 林英光

 「美しい日本の色彩環境を創る」研究会では,「美しい日本の色彩環境の創生」を目指しております.趣旨にご賛同頂ける,多様な分野からのご参加をお待ちしております.

研究会名称:「美しい日本の色彩環境を創る」研究会 (Landscape Color of Japan: LOJ)

設立趣意:美しい日本の色彩環境の創生に寄与するため,日本色彩学会が中心になり,広く関連分野の協力をも得て,「日本の色彩環境の基本」とこれに基づく「日本の色彩環境の基本色票」を出版することを最終的な目的とします.

主な取り組み:日本の色彩環境は風土と伝統を土壌に創られてきました.そして,その文化や美学は世界から高く評価されてきました.ところが,我が国の景観の現状をみると,本来の日本の色彩環境が崩れ,混迷を深めています.この現状をみるに至り,今ここで我が国の根本に立ち帰り,心の豊かさに寄与する国土環境やくらし環境を取り戻す必要性を強く感じます.そして,美学,医学,心理学,工学,史学,デザイン学などの面から総力を挙げて,本来の日本の色彩環境を再構築することが求められています.本研究会では,私たちを取巻く自然環境,都市環境,インテリアからファッション・化粧に至る我国の色彩環境の基本色を明らかにし,環境の全般に渡って,各分野のそれぞれの現場で役立つ,簡便で実用性の高い色票,つまり,「日本の色彩環境の基本色票」の制作を目指します.以上の趣旨に鑑み,多様な分野の方々,様々な地域の方々の参加を,広く全国から募ります.

これまでの主な活動:
 日本色彩学会主催,秋の特別シンポジウム「美しい日本の明日を創る」 2012年12月16日(早稲田大学)
 
日本色彩学会誌連載
2014年 秋の大会・・・・・・・・・
2016年 研究会大会


研究会事務局(研究会への入会申込、お問い合わせ)
 〒464-8662 名古屋市千種区星が丘元町17-3
 椙山女学園大学文化情報学部メディア情報学科 羽成隆司
 Tel . 052-781-6053, e-mail : hanari@sugiyama-u.ac.jp
 
 ※入会希望者は,お名前,ご住所,ご所属,学会の会員種別,連絡先(e-mail, Tel & Fax)を 事務局(羽成)までお知らせください.

(2016年12月作成)

2015年10月19日(月) 未来へ向けて色彩環境の展開を語るシンポジウムのご案内

未来へ向けて色彩環境の展開を語るシンポジウムのご案内
主査 林 英光

 日本色彩学会誌に7回にわたって連載されました“〈研究会からの提言〉連載:日本の色彩環境の基本”は、皆様方のご協力をもちまして、無事に完了することができました。研究会を代表して心より御礼申し上げます。 
 さて、次のステップとして、日本の色彩環境のあり方をさらに深めるため、本研究会会員、および、非会員の方々を交えたシンポジウムを開催することといたしました。
 シンポジウムでは、上記連載の執筆者でもある北畠 耀氏、永田 泰弘氏をコメンテーターとしてお迎えし、本研究会会員による話題提供と、連載執筆者ほか参加者による意見交換を行いたいと思います。
 “美しい日本の色彩環境を創る”という活動を継続・展開するため、多くの方々のご意見とご指導を賜りたいと存じます。本研究会会員、非会員にかかわらず多くの方々にご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

 日時:2015年11月21日(土) 14:00〜17:00
 会場:大阪研修センター江坂(地下鉄御堂筋線 江坂駅 北1号出口徒歩1分/JR新大阪駅から地下鉄御堂筋線で4分)
     http://www.esakakensyu.com 
 見学会:当日午前中には、大阪にある日本を代表する魅力的な色彩環境のいずれかを見学する企画を準備中です。集合場所は大阪市営地下鉄御堂筋線淀屋橋第一出口、集合時間は10時を予定しています。
参加費:無料
参加申し込み・お問い合わせ先:「美しい日本の色彩環境を創る研究会」事務局 羽成隆司
  E-mail hanari@sugiyama-u.ac.jp
  Tel. 052-781-6053
  〒464-8662 名古屋市千種区星が丘元町17-3 椙山女学園大学文化情報学部


美しい日本の色彩環境を創る研究会 勉強会・展示・発表風景

2013年1月10日(木) 掲示板を設置しました

美しい日本の色彩環境を創る研究会からのお知らせを掲載する掲示板を作成しました

[バックナンバー] [目次] [トップ]

日本色彩学会
Akiary v.0.61 (retouched)