環境色彩研究会からのお知らせ

最新10回分の記事

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2018年5月29日(火) 景色通信Vol.72『シンガポールまち歩記(あるき)』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol.72
『シンガポールまち歩記(あるき)』

 30年ぶり、2度目のシンガポール。行きたい所だけ巡る、見たくなったらバスを降りてでも見る、といった完全フリーのまち歩きを実施。東南アジアで最も国際的発展を遂げている多民族国家の色彩的側面が見られたらと期待してのスタートだ。◇マーライオンにあっけなく取って代わったランドマーク、2010年開業のマリーナベイサンズ(MBS)をくまなく見てみたい。というのが旅の目的の一つ。そしてもう一か所MBSと真逆のカトン地区訪問はプラナカン文化を知りたいという二極の興味で始まった。時にド観光客、時に在住市民に混じって衣食住を体験した。個人歩きの掟は極力公共交通を使う事。ここからむきだしの国民性や文化度、来訪者にどれだけ優しいかの国際性も見えてくる。数え切れない程の配色パターンのMBSライトアップは毎夜2回15分ずつ見られる。地元民も自慢で訪れる愛される場所だ。MBS屋上からのマリーナ湾が暮れなずむ様は静かな息遣い。◇待望のカトン地区はその昔、中国からの移民で財を成した成功者がマレー人と結婚し築いたプラナカン文化と呼ばれる独特な文化が残り、カラフルかつ繊細な住宅や手工芸品が残る地区だ。これら市内の移動は5本の地下鉄が機能的に走り来訪者でも乗りこなせる。色彩の効果は見えやすく分かり易く、車両内外、通路、ホーム、サイン等すべてに駆使されている。何より人の親切さも日本を上回る点は見習うべきだと感じた、春節前のシンガポールまち歩きだった。(山川やえ子)


天界で泳いだ至福の時はいつまでも心に残りそう


湾へ入る門のライトアップに思わず息をのんでしまう


交通システム全体のデザイン設計は外国人にも解りやすい


新しさを積極的にミックスしていくのがプラナカン流

2018年5月17日(木) ◆文化庁 新・シンボルマークの公募◆

◆文化庁 新・シンボルマークの公募◆

文化庁は、今年創設50周年を迎え、来年までの京都移転を決定いたし、
新・シンボルマークのデザイン公募が行われております。
締切は6月13日ですので、是非、ご応募されてみてください。
(環境色彩研究会顧問 日原もとこ先生からの情報です)

情報:ZIPANG TOKIO 2020
   https://tokyo2020-summer.themedia.jp/posts/4128732
文化庁:http://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/boshusymbol/index.html

2018年5月2日(水) 景色通信Vol.71『ジョンソンタウン』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol.71
『ジョンソンタウン』

 3月中旬、色彩教材研究会の地域別サークル活動として、埼玉県入間市にある「ジョンソンタウン」の見学と撮影に行きました。
 ジョンソンタウンの歴史は、1939年陸軍士官学校の将校住宅(磯野住宅)から、1950年朝鮮戦争時には「ジョンソン基地」となり、米軍ハウスを建設。1978年に基地返還後は、日本人向けに賃貸されていました。その後2002年には、オーナーである磯野商会の磯野達雄氏が、アメリカ帰りの建築家の渡辺治氏に老朽化した住宅の再生とまちづくりを依頼、2003年平成ハウス1号が完成。「ジョンソンタウン」へと改名されました。ジョンソンタウンには4タイプの建築物があります。そのうち米軍ハウスの外壁は下見板に塗装、屋根はコンクリート。平成ハウスは、バリアフリーになっており、夏期は天井上換気、冬期は床暖房、外観の特徴としては、上げ下げ窓、下見板風のサイディング、屋根はスレートか鋼板が使用されています。(大倉素子)
*2015年:都市景観大賞(国土交通大臣賞)受賞、2016年:土木学会デザイン賞(奨励賞)受賞、2017年:日本建築学会賞(業績)受賞。 参考文献:「ジョンソンタウン再生プロジェクト」磯野達雄・渡辺 治


ナチュラルな印象のフラワーショップ


駐車してある車も建物に馴染んで


エクステリアの白が効いている


ブルーのシンボルカラーの郵便ポスト

2018年3月27日(火) 景色通信Vol.70『いざ、奥の細道へ』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol.70
『いざ、奥の細道へ』

 三月の終わり、芭蕉は千住大橋で舟を降りて奥州へと出立した。
隅田川に最初に架けられたこの橋はその昔は木橋であったが、現在では美しい鋼タイドアーチ構造となり浅い緑青色に塗装されている。
 「行く春や鳥啼魚の目は泪」の矢立初めの句には、これから始まる三千里の旅への期待と不安や門人たちとの別れがにじみ出ている。
千住宿だったこの辺りは、今では伝統工芸などを伝承し製造業などモノづくりの街として荒川ブランドをアピールしている。スマートフォンなどでも見る事ができるまち歩きマップとともに散策するのもいい。北岸の足立区一体も千住隅田川テラスなどまちづくりが進み、水辺や桜をのんびりと歩いて楽しむことができる。
 俳句のまちを宣言している荒川区と、緑や季節の変化を大切に心の憩いも推進する足立区。うららかな日和に悠々と流れる川の両岸の住民どうし、自然の息吹を感じながら、暮らしてみたいまちなみ景観を尊重する気持をもちつづけて欲しい。
 芭蕉が全身で感じながら心情を俳句にした大橋周辺や千住界隈。その風景は歴史を積み重ねながら、地域の人から人へ受け継がれ変化をつづけてゆく。
 いつもよりゆっくりと歩いてみたら、軒先に咲いている沈丁花のほのかな香りを味わうことができた。(加藤進久)


この橋を渡り奥州や房州へと旅立った時代の人に思いを馳せる


柔らかい鋼鉄アーチのフォルムが歩いていても気持よい


季節の移ろいや街の変化を感じながら生活してゆきたい


現代を旅するとしたら芭蕉は、どんな句を詠むだろうか

2018年3月12日(月) 景色通信Vol.69『拓殖大学八王子国際キャンパスのもみじ』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol.69
『拓殖大学八王子国際キャンパスのもみじ』

 高尾の拓殖大学のキャンパスの紅葉がお見事ですよとの中西利恵先生の誘いで、11月28日にカメラをもって出掛けた。紅葉は盛りを過ぎた感じがあり、天候も曇りと、紅葉の撮影には今一つ不満足であったが、この秋はじめての紅葉狩りを楽しむことができた。
 正門からキャンパスの中心にかけての坂道に紅葉と桜が植えられナナカマドのしっかりと密植された垣根は建設時に、計画的にデザインされた造園設計を感じさせ、背景となる山の黄葉との対比が美しい景色を見せてくれる。
 紅葉の写真に、和歌のもみじを組合せるとどうなるだろうという遊び心で、中西進著の万葉集(講談社文庫)から引用して、機械的に組み合わせてみた。
 万葉仮名で「もみじ」は「黄葉」と書き「もみち」か「もみちば」と読むとされている。他の表記を探した処、長歌に一度だけ「赤葉」(もみち)を見つけただけであった。「紅葉」となったのは、いつの時代なのだろうか。
 色彩教材にちなんで、木の葉の色の抽出をイラストレータのスポイト機能を使ってやってみた。これも遊び心。来年の盛りの時に紅葉狩りに行ってみたら如何。(永田泰弘)







2018年2月15日(木) 景色通信Vol.68『禮を伝え、技を磨く』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol.68
『禮を伝え、技を磨く』

 礼節を重んじ友好と平和を愛する琉球は空手発祥の地である。その伝統文化は古くから沖縄空手道として現代人へと大切に継承されている。
 沖縄の建築の特徴としては、気候に適した赤瓦の木造民家があるが、周りを巡らす石積み塀や伝統的グスク建築では、珊瑚や貝殻などが堆積した多孔質の琉球石灰岩が独自の石造文化も形成してきた。天然素材の琉球石灰岩の自然な白色が、ここ沖縄空手会館でも基調色となり風格を出している。柔らかいリズムを感じる石積みの擁壁部分は吸水性が高く味わいも深い。年月を経ることで風雨による自然変化を醸し出しだすことや植物との相性を好む人も多いという。強い日射しによる陰影や通気を考慮した建築デザインにも落ち着きがある。石灰岩の原石は磨かれる技術によって、また個体差のある一つひとつを組み合わせる方法によって印象も変わってくるのだ。
 光と風が沖縄の風土を育み人々の暮らしとともにある。自然を慈しむ心が、この地域独特の個性として受け継がれてゆくことを心から望む。
自ら調和し全体を考える禮を重んじることを規範とすることで、地域やまち並みの色は一つにまとまり秩序を形作ることができる。礼節が伝えつづけられる限り、その心は乱れることはなく、色褪せることもないだろう。(加藤進久)


珊瑚素材の自然な白色は年を重ねるごとに風合いを醸し出す


景石としても庭などに配されることが多い琉球石灰岩


直線的な形の外壁と石積み擁壁の自然な曲線が融和する


「五つの四までも」のミンサー柄の舗道にも郷土愛が

2018年2月8日(木) 2017年度環境色彩研究会研究発表会

[PDF版はここをクリックしてください]

2017年度 環境色彩研究会研究発表会
聴講者募集
環境色彩研究会主査 高山美幸

 2017年度の環境色彩研究会研究発表会では、地域景観色の特性調査報告や色彩市民活動報告、仕上材の評価報告等各種発表を予定しております。
皆様のご参加・ご聴講をお待ちしています。

開催概要
■開催概要
・日時 2018年2月24日(土)13:00〜17:00
・会場 東京塗料会館会議室
  http://www.toryo.or.jp/jp/info/toryokaikan/map_tokyo.htm
  東京都渋谷区恵比寿3-12-8東京塗料会館1F
  JR山手線/東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩15分。
・会費会員無料(当日入会可) / 非会員1,000円要

■聴講申込学会員以外の方も聴講可能です。以下を記載し、メールにてお申し込みください。
@宛先: 萩原副主査宛E-mail:kyoko.hagiwara@jp.sunstar.com
Aメールタイトル:「環境色彩研究発表会聴講希望」
B氏名:
C会員種別: 日本色彩学会正会員・非会員
  環境色彩研究会正会員・非会員・当日申込
D連絡先: メールアドレス、電話番号(当日の連絡先)
■締め切り: 2月16日(金)

発表項目
第1セッション
「空襲で焼け残ったまちから見た東京の色彩」杉山朗子
「千住河原町・やっちゃばの記憶の残し方」永田泰弘
「まちなみ景観改善のヒントを探すー海老川十三橋—」大倉素子
「2003年〜2017年までの福井市景観調整」〜色彩学の見地から〜」加藤美子
「府中けやき並木通りのクリスマスとお正月」萩原京子

パネル発表
「色彩市民活動20年間の,さまざまな彩りをふり返る」山川やえ子

第2セッション
「景観計画におけるマンセル値を用いた色彩制限の研究」加藤美子
「地域特性から見た景観構成要素となる地産壁土の色彩分布」田村雅紀
「風土に根ざした「まちづくり」研究における予備調査
 現役建築設計者による『魅力的なまち並みと色彩要素』調査報告」高山美幸
「ガラスと仕上材を合わせた意匠化粧材の開発と視覚的印象評価」田村雅紀
「ドーム型照明を用いた非接触式測色システムによる塗膜面の屋外暴露試験試料評価」酒井英樹

見学会報告
「2017環境色彩研究会見学会報告大内宿、七日町通り」成田イクコ、日原もとこ

2017年12月15日(金) 環境色彩研究会 2017年度研究発表会(第17回)発表者・聴講者 募集中
(2018年2月24日(土)開催)

環境色彩研究会 2017年度研究発表会(第17回)発表者・聴講者 募集中

環境色彩研究会主査 高山美幸

 2017年度環境色彩研究会の研究発表会発表者募集のお知らせです。
今年は、2018年2月24日(土)に東京塗料会館(恵比寿)にて開催とし、環境色彩等に関わるテーマの発表を募集いたします。
研究分野の錬磨や色彩学会全国大会の予行の場としてご発表ください。
皆様のご参加・ご聴講をお待ちしています。

■開催概要
 ・日時 2018年2月24日(土)13:00〜17:00
 ・会場 東京塗料会館 会議室 http://www.toryo.or.jp/jp/info/toryokaikan/map_tokyo.htm
  東京都渋谷区恵比寿3-12-8東京塗料会館1F
  JR山手線/東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩15分。
 ・会費 会員無料/非会員 1,000円

■発表者・応募内容
 (1)応募資格 研究著者のうち1名以上が下記@〜Cのいずれかであること
   @環境色彩研究会会員(応募時の入会可) 
   A日本色彩学会会員
   B上記に該当する者を指導教員とする学生
   C学会員以外の発表も可、但し共同発表者を学会員とする

 (2)申込方法  以下を記載し、メールにて申請してください。
   @登壇者名、共同発表者名 A所属 B会員種別(正会員・非会員)
   C連絡先  D発表題目  E研究発表の概要(A4版1枚以内、写真・図表は不要)
   F発表形式:口頭発表 または、ポスター発表
   ※上記申請内容を閲覧した上で、研究発表の採否をメールにて通知します。

 (3)発表論文原稿
   @提出原稿 : A4版 4頁以内(写真・図表等は原稿内にまとめる)
    ※申込者に雛形をお送りいたします。
   A提出形式 : Word書式で作成。PDFデータと両方提出。
   B発表時間 : 発表12分・質問3分
    ※発表論文原稿は、研究会誌「環境色彩研究」に掲載します。

■聴講者募集
 学会員以外の方も聴講可能です。以下を記載し、メールにてお申し込みください。
   @氏名   A会員種別(正会員・非会員)   B連絡先(メールアドレス、TEL)

■申込先・締め切り
 (1)申込先 
   @宛先 : 萩原副主査宛 E-mail:kyoko.hagiwara@jp.sunstar.com
   Aメールタイトル: 「環境色彩研究発表会発表申込み」 または 「環境色彩研究発表会聴講希望」

 (2)締め切り
   @発表申込     2017年12月25日(月) 
   A発表論文原稿  2018年1月22日(月)
   B聴講希望者    2018年2月12日(月)

2017年10月13日(金) 景色通信Vol.67『海老川十三橋』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol.67
『海老川十三橋』

 昨年の秋、好天の下、千葉県船橋市の海老川十三橋に町並景観改善のヒントを探す小さな旅を三人の研究会員と共にしました。
 まちなみ景観改善のヒントを探して教材を作るという色彩教材研究会のプロジェクトの一環で、ヒントを探し、パワーポイントなどの教材にして必要とする方々に提供したいと考えています。
 海老川河口の船橋橋から上流の向田橋まで、彫刻を持つ十三橋が連続する2.6kmの行程を撮影しながら歩き、結果を電子教材に仕上げて共有するというのが目的です。
 それぞれの橋に取り付けられた具象的で小振りの彫刻が面白く、次はどんなテーマなのだろうかという期待感の高い道中でした。15,000歩を越え足の悪い老人は疲れました。(永田泰弘)


海老川十三橋(栄橋)


海老川十三橋(八千代橋)


海老川十三橋(丸山橋)


海老川十三橋(新海老川橋)

2017年9月13日(水) 景色通信Vol.66『島根半島の赤瓦の屋根景観』

[PDF版はここをクリックしてください]

景色通信Vol. 66
『島根半島の赤瓦の屋根景観』

 昨年の春、故郷の島根県に帰省した時、過去には部分的にしか訪れたことがなかった美保関町、島根町、鹿島町を縦断してみた。
 目的は石州産の赤瓦の屋根景観を観て、カメラに収めることである。石州瓦は、古くから島根県西部の石見の国で造られてきた凍害に強い釉薬を掛けた赤瓦である。島根半島のこの三町は松江市に属し、前が日本海、後が山地で、海岸線を一本の道路が通っているだけの漁業集落が点在する地形であり、屋根の撮影はやりにくい条件であった。
 石州瓦には主流の赤瓦と後発の黒瓦があり、色むらが多い古い赤瓦と、色も形も均一な今出来の赤瓦があり、黒瓦は少ないものの三種が混在してこの地域の屋根の色彩景観を形成している。
 私の好みは、色むらの多い古い赤瓦を使った屋根で趣が深く、派手さも抑えられて海山の景観に調和し、大好きである。
 品質管理の行き届いた現代の製法で色むらのある瓦を供給して欲しいと願っている。(永田泰弘)


江戸時代、石州の赤瓦は美保関の港から帆船で遠くの町まで運ばれた。


職人の経験と勘による独特の色だしだった赤瓦。(美保関町)


コンピューターにより安定的な色品質になったが。(島根町)


海の色と対比になり寒さや塩害にも強い石州赤瓦。(鹿島町)

[バックナンバー] [目次] [トップ]

日本色彩学会
Akiary v.0.61 (retouched)