視覚情報基礎研究会からのお知らせ

最新10回分の記事

[バックナンバー] [目次] [トップ]

2017年5月24日(水) 第31回研究発表会(2017/6/24) プログラム

視覚情報基礎研究会では,以下の内容で第31回の研究発表会を開催します.
本研究会では,多様な視覚情報を,色彩工学分野の研究者,技術者,学生らはもとより,
情報工学,計算機科学,心理学や認知科学,物理や光学などの幅広い分野の人々との
多角的に横断的に自由で闊達な発想と意見の交流を目指しています.

今回の研究会では,田中 正行氏(産総研)および山口 真美氏(中央大)の招待講演と,
国際会議VSS報告,さらに5件の一般講演を予定しています.
多数の皆様のご参加をお待ちしております.


========================================================================

日 時:2017年6月24日(土) 午前10時00分〜午後4時30分(午前9時30分受付開始)
場 所:工学院大学新宿キャンパス A-542教室
    http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/index.html

聴講資格:研究会会員
    (非会員の方は、事前にメールでsig-fvi-staff@mc2.osakac.ac.jp宛にご入会ください。
     年会費は無料です。)

資料代:1,000円(税込)

プログラム
10:00 主査挨拶

10:05-10:45 セッション1「質感・知覚」

 (1-1)「周波数変調プロジェクションマッピングによるテクスチャの触覚操作」
    平井経太,勝沼貴文,堀内隆彦(千葉大)

 (1-2)「色素斑の知覚に濃度が与える影響」
    方 c,溝上陽子,矢口博久(千葉大)

10:45-11:45 招待講演
    「可視カメラと遠赤外線カメラの高精度キャリブレーションとその応用」
    田中 正行(産総研)

11:45-12:00 企業展示紹介

12:00-13:30 昼食休憩

13:30-14:00 会議報告「国際会議VSS報告」溝上陽子(千葉大)

14:00-15:00 招待講演
    「赤ちゃんから見た色世界 −色カテゴリは言語以前に存在するか?」
    山口真美(中央大)

15:00-15:10 休憩

15:10-16:10 セッション2「視覚情報処理」

 (2-1)「分光画像による色覚異常シミュレーションの正確性の検証」
    加藤美晴,溝上陽子,矢口博久(千葉大)

 (2-2)「角膜反射像を利用したシーン色信号解析とその比較」
    西省吾(大阪電通大),大寺亮(神戸情報大学院大),富永昌治(千葉大)

 (2-3)「空間可変視覚野像の高速再現に関する検討(続報)」
    小寺宏曄(小寺イメージング研究室)

16:10-16:30 総合討論

なお,終日企業展示コーナーにおいて,企業展示が予定されています.

最新情報は,視覚情報基礎研究会のWebページに掲載していきますので,ご覧ください.
http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/index.html

問い合わせ先
事務局
 (一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会
 TEL/FAX 043-290-3485 (担当:堀内)
 Emal: sig-fvi-staff@mc2.osakac.ac.jp

2017年4月3日(月) 第31回研究発表会(2017/6/24) 発表募集

(一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第31回研究発表会

視覚情報基礎研究会では、以下のとおり第31回の研究発表会を、
6月24日(土)に工学院大学新宿キャンパスで開催します。
エントリー締め切りが5/15となっています(予稿原稿締切は6/15です)。
大学関係者、企業関係者問わず、幅広く発表者を募集いたします。
国際会議や学会で既発表の内容を、本研究会で議論いただくことも大歓迎です。

=============================
(一社)日本色彩学会視覚情報基礎研究会 第31回研究発表会

日時:6月24日(土)10:00-17:00(予定)
場所:工学院大学新宿キャンパス A-542教室
http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/index.html

発表形式:口頭発表(一般) 1件あたり20分(予定)

申込と採否:発表題目,著者,所属に論文概要(図表込みA4版1枚 形式自由)
      を添えて,5月15日(月)までに申し込んでください.
      プログラム委員会が論文内容を閲読した後に,採否をご連絡します.

問い合わせ先(原稿提出先) 事務局
 (一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会
 Email: sig-fvi-staff@mc2.osakac.ac.jp

論文集原稿締切:6月15日(木)(予定).

研究発表会参加者は,当日資料代(1,000円)をお支払いいただきます.
最新情報は,視覚情報基礎研究会のWebページに掲載していきますので,
ご覧ください.
http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/index.html

2017年3月14日(火) 第30回研究発表会(2017/2/18) 開催報告

 視覚情報基礎研究会の第30回研究発表会が,2月18日(土)に千葉大学西千葉
キャンパスで開催され,67名の参加がありました.
 査読プロセスを通過した6件に一般講演を依頼し,招待講演とあわせて充実し
た研究発表会となりました.研究発表会では,まず主査によるプログラム説明が
あり,その後一般講演2セッションと,金出武雄氏(米国カーネギーメロン大)
および三田村有純氏(東京藝術大)による招待講演がありました.金出氏には,
これまでの研究成果から最新研究までデモを含めて説明をいただき,特に若手
研究者への研究に対する姿勢などのメッセージをお話しいただきました.
三田村氏には,縄文時代から現代に伝わる漆芸について,歴史と技術の観点から
ご説明いただきました.さらに,日本人の持つ色彩論について,興味深いお話し
を伺いました.
 一般講演は2セッション開催されました.「画像処理・計測」では,分光特性
を利用した新たな技術に関する3件の学生による研究発表がありました.
「質感・見え」では,様々な対象に対する様々な色覚の見えに関する3件の研究
発表がありました.引き続き,総合討論が行われ,主に発表者と聴衆者との間で,
活発な討議がなされました.

 昼休みおよび休憩時間中には,今回も企業展示のブースを設け,2社の企業に
よる商品展示が行なわれました.
 なお,研究発表会に先立って総会が開催され,事業計画,予算案に関する全て
の議案が承認されました.なお,来年度から,富永主査は顧問となり,堀内幹事
が主査となることが認められました.

日 時:2017年2月18日(土) 午前10時40分〜午後5時00分
場 所:千葉大学西千葉キャンパス 工学系総合研究棟2 
2Fコンファレンスルーム

プログラム:
10:40〜10:45 主査挨拶
10:45〜11:45 「画像計測・処理」一般講演3件
11:45〜12:00 企業展示紹介
12:00〜13:30 昼食休憩(企業展示)
13:30〜14:30 招待講演 金出武雄氏(米国カーネギーメロン大)
14:30〜15:30 「質感・見え」一般講演3件
15:40〜16:40 招待講演 三田村有純(東京藝術大)
16:40〜17:00 総合討論






2017年1月22日(日) 第30回研究発表会(2017/2/18) プログラム

視覚情報基礎研究会では,以下の内容で第30回の研究発表会を開催します.
本研究会では,多様な視覚情報を,色彩工学分野の研究者,技術者,学生らはもとより,
情報工学,計算機科学,心理学や認知科学,物理や光学などの幅広い分野の人々との
多角的に横断的に自由で闊達な発想と意見の交流を目指しています.

今回の研究会では,金出武雄氏(米国カーネギーメロン大)および
三田村有純氏(東京藝術大)の招待講演と,6件の一般講演を予定しています.
多数の皆様のご参加をお待ちしております.

なお,今回の研究会への参加は,【事前参加登録が必要(2月9日締切)】です.
以下のページからご登録ください.

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfbnowJz01Yk91q8B17w4FKuHNEvcDV6jcBrQPpqhjaFjWX2Q/viewform
※または,以下の1/19の記事からお入りください.
http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/

なお,あわせて総会への参加および会員継続の可否についても,
ご回答をお願いします.

多数の皆様のご参加をお待ちしております.

========================================================================
(一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第30回研究発表会のご案内

日 時:2017年2月18日(土) 午前10時40分〜午後5時00分(午前10時から総会を行います)
場 所:千葉大学西千葉キャンパス 工学系総合研究棟2 2Fコンファレンスルーム
http://www.chiba-u.ac.jp/access/nishichiba/

聴講資格:研究会会員で事前参加申し込みを行った方.
    (非会員の方は、上記参加登録画面にて「研究会非会員」として
     ご登録ください。年会費は無料です。)

資料代:1,000円(税込)

プログラム
10:00 研究会総会(日本色彩学会員のみ)

10:40 主査挨拶

10:45-11:45 セッション1「画像計測・処理」

 (1-1)「ステレオ型分光画像計測のためのマルチフォーカスイメージング」
    堀基樹,平井経太,堀内隆彦(千葉大)

 (1-2)「ライトフィールドカメラを用いた不均一照明環境下における分光反射率推定」
    松原誉樹,田中緑,堀内隆彦(千葉大)

 (1-3)「蛍光特性に基づく手の汚染分布可視化」
    伊藤和哉,東 広志,中内茂樹(豊橋科技大)

11:45-12:00 企業展示紹介

12:00-13:30 昼食休憩

13:30-14:30 招待講演
      「研究者は何を目指すか」
        金出武雄(米国カーネギーメロン大)

14:30-15:30 セッション2「質感・見え」

 (2-1)「彩度の強調を目的とした照明光の分光スペクトル分布の設計」
    土田 勝,平松 薫,柏野邦夫(NTT)

 (2-2)「変角分光画像計測に基づいた肌のCG再現」
    田中法博(長野大)

 (2-3)「射影理論に基づく全タイプの色覚異常に対応した視えの推定と補正のモデル」
    小寺宏曄(小寺イメージング研究室)

15:30-15:40 休憩

15:40-16:40 招待講演
      「漆の質感」
        三田村有純(東京藝術大)

16:40-17:00 総合討論

なお,終日企業展示コーナーにおいて,企業展示が予定されています.
最新情報は,視覚情報基礎研究会のWebページに掲載していきますので,ご覧ください.
http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/index.html

問い合わせ先
事務局
 (一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会
 TEL/FAX 043-290-3485 (担当:堀内)
 Email: sig-fvi-staff@mc2.osakac.ac.jp

2017年1月19日(木) 第30回研究会参加申込,総会出欠,会員継続の回答について

第30回研究会参加申込,総会出欠,会員継続の回答は,
以下のページからお願いします。
※回答締切 2月9日(木)

回答のページへ

2016年12月28日(水) 第30回研究発表会(2017/2/18) 招待講演者のご紹介

第30回研究発表会(2017/2/18) 招待講演者のご紹介

2月18日に開催される第30回研究発表会の招待講演者をご紹介します.
今回の研究会は、参加登録制とさせていただきます。
参加登録方法は、1月中旬頃ご案内させていただきます。

=====
(一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第30回研究発表会
日時:2月18日(土)10:00-17:00(予定)
場所:千葉大学 西千葉キャンパス 工学系総合研究棟2 コンファレンスルーム
http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/

招待講演者
(1)金出武雄先生(米国カーネギーメロン大学教授)
  「研究者は何を目指すか」

   1974年京都大学で工学博士号取得後、同助手・助教授を経て、
  1980年に米国カーネギーメロン大学に移る。1992〜2000年世界的に有名な
  同大学ロボット研究所所長。1998年よりワイタカー記念全学教授の称号を持
  つ。コンピュータビジョン、マルチメディア、そしてロボット工学において先
  駆的研究に取り組む。主な研究成果には、1981年発表のMPEGなど動画像
  処理における最も基本的アルゴリズムとされるLucas-Kanade 法、1995年
  に最初にアメリカ大陸横断した自動運転車Navlab 5、2001年のNFLスーパー
  ボウルで採用された30台以上のロボットカメラで270度の視野の映像を撮影
  するEye Visionシステム等がある。
   受賞歴としては、京都賞、フランクリン協会バウアー賞、C&C賞、大川賞、
  立石賞特別賞、ACM Allen Newell 賞、IEEE Robotics and Automation
  パイオニア 賞、国際計算機視覚会議ロー ゼンフェルド生涯業績賞、船井業績
  賞、人工知能学会業績賞など。米国工学アカデミー外国特別会員。





(2)三田村有純先生(東京藝術大学教授)
  「漆の質感」

  1949 東京生まれ
  1969 江戸蒔絵を父祖父8代自芳、9代秀芳より学ぶ
  1975 東京藝術大学大学院 美術研究科漆芸専攻 修了
  1985・1988 「日展」特選受賞
  1998〜99 ベルギー王立H.I.F.A.客員研究員として欧州11ヵ国の漆芸調査
  2004 第43 回 日本現代工芸美術展 文部科学大臣賞受賞
  2013 第52 回 日本現代工芸美術展 内閣総理大臣賞受賞
  2014 改組新 第1回日展 会員賞受賞
  2016 改組新 第3回日展 内閣総理大臣賞受賞
   現在 東京藝術大学学長特命、国際交流室長、留学生センター長、
  美術研究科教授 


2016年12月22日(木) 第29回研究発表会(2016/12/17) 開催報告

第29回研究発表会(2016/12/17) 開催報告

 視覚情報基礎研究会の第29回研究発表会が,12月17日(土)に中央大学後楽園
キャンパスで開催され,40名の参加がありました.
 査読プロセスを通過した8件に一般講演を依頼し,招待講演とあわせて充実した
研究発表会となりました.研究発表会では,まず主査によるプログラム説明があり,
その後一般講演3セッションと,洪 博哲氏(コニカミノルタ)および辻村誠一氏
(鹿児島大)による招待講演がありました.洪氏には,CIEの部会長の立場から,
推奨する今後の研究課題について,私見を交えて講演いただきました.辻村氏には,
メラノプシン細胞の視覚への影響に関する実験方法を概説いただいた後,反対色
メカニズムへの影響を中心に,実験で得られている知見を紹介いただきました.

 一般講演は3セッション開催されました.「視覚・質感」では,2色覚の見えモ
デルの検討と機能性光源を利用した検出に関する2件の研究発表がありました.
「フレッシュマンセッション」では,学部学生から色彩・視覚に関する3件の研究
発表がありました.「画像情報処理」では,情報ハイディング,画像補正,ひび
割れ検知に関する3件の研究発表がありました.引き続き,総合討論が行われ,
主に発表者と聴衆者との間で,活発な討議がなされました.

 昼休みおよび休憩時間中には,今回も企業展示のブースを設け,企業による
商品展示が行なわれました.また,研究発表会終了後には,懇親会が開催されま
した.

 次回は,2月18日に千葉大学西千葉キャンパスで開催されます.
 
日 時:2016年12月17日(土) 午前10時00分〜午後5時00分
場 所:中央大学 後楽園キャンパス 3300教室

プログラム:
10:00〜10:05 主査挨拶
10:05〜10:45 「視覚・質感」一般講演2件
10:45〜11:45 招待講演 洪 博哲氏(コニカミノルタ)
11:45〜12:00 企業展示紹介
12:00〜13:30 昼食休憩(企業展示)
13:30〜14:15 「フレッシュマンセッション」一般講演3件
14:15〜15:15 招待講演 辻村誠一(鹿児島大)
15:25〜16:25 「画像情報処理」一般講演3件
16:25〜17:00 総合討論






2016年12月21日(水) 第30回研究発表会(2017/2/18) 発表募集

(一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会 第30回研究発表会

視覚情報基礎研究会では,以下のとおり第30回研究発表会を開催いたします.
大学関係者,企業関係者問わず,幅広く発表者を募集いたしますので,奮って
ご応募ください.
なお,本研究会は既発表内容も歓迎します.国際会議等でご発表された内容を,
是非研究会でもご紹介ください.


日時:2月18日(土)10:00-17:00(予定)
場所:千葉大学 西千葉キャンパス 工学系総合研究棟2 コンファレンスルーム
http://www.chiba-u.ac.jp/campus_map/nishichiba/

発表形式:口頭発表(一般) 1件あたり一般20分,学部学生15分(予定)

申込と採否:発表題目,著者,所属に論文概要(図表込みA4版1枚 形式自由)
      を添えて,1月9日(月)までに申し込んでください.
      プログラム委員会が論文内容を閲読した後に,採否をご連絡します.

問い合わせ先(原稿提出先) 事務局
(一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会
 Email: sig-fvi-staff@is.naist.jp

論文集原稿締切:2月9日(木)(予定).

研究発表会参加者は,当日資料代(1,000円)をお支払いいただきます.
最新情報は,視覚情報基礎研究会のWebページに掲載していきますので,
ご覧ください.
http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/index.html

2016年11月21日(月) 第29回研究発表会(2016/12/17) プログラム

視覚情報基礎研究会では,以下の内容で第29回の研究発表会を開催します.
本研究会では,多様な視覚情報を,色彩工学分野の研究者,技術者,学生らはもとより,
情報工学,計算機科学,心理学や認知科学,物理や光学などの幅広い分野の人々との
多角的に横断的に自由で闊達な発想と意見の交流を目指しています.

今回の研究会では,洪 博哲氏(コニカミノルタ)および辻村 誠一氏(鹿児島大)の
招待講演と,8件の一般講演を予定しています。

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

なお、研究会終了後,会場近辺にて懇親会(会費5,000円)を予定しています。
懇親会への参加を希望される方は、12/3までに事務局(sig-fvi-staff@is.naist.jp)
までご連絡ください。

========================================================================

日 時:2016年12月17日(土) 午前10時00分〜午後5時00分(午前9時30分受付開始)
場 所:中央大学後楽園キャンパス3300教室
    http://www.chuo-u.ac.jp/access/kourakuen/

聴講資格:研究会会員
    (非会員の方は、事前にメールでsig-fvi-staff@is.naist.jp宛にご入会ください。
     年会費は無料です。)

資料代:1,000円(税込)

プログラム
10:00 主査挨拶

10:05-10:45 セッション1「視覚・質感」

 (1-1)「2色覚の色の見えモデルにおける色弁別閾に関するRGB変調による検討」
    安井明代,田中豪(名古屋市立大)

 (1-2)「プラーク検出を補助する機能性光源」
    近藤泰成(豊橋技科大),Juan L. Nieves,Eva M. Valero(グラナダ大),東広志,中内茂樹 (豊橋技科大)

10:45-11:45 招待講演
    「CIEが推奨する今後の研究課題 〜視覚・画像・照明を考える〜」
    洪 博哲(コニカミノルタ)

11:45-12:00 企業展示紹介

12:00-13:30 昼食休憩

13:30-14:15 セッション2「フレッシュマンセッション」

 (2-1)「言葉の印象から受けられる色の表現」
    鈴木諒成,市原恭代(工学院大)

 (2-2)「装飾品を身に着けた際の要因に関する研究」
    増野翔平,市原恭代(工学院大)

 (2-3)「Webページの一括補正における輪郭加工と色弱補正」
    小島由梨乃(中央大),望月理香,渡辺昌洋(NTTサービスエボリューション研究所),趙晋輝(中央大)

14:15-15:15 招待講演
    「メラノプシン細胞による反対色メカニズムへの影響」
    辻村誠一(鹿児島大)

15:15-15:25 休憩

15:25-16:25 セッション3「画像情報処理」

 (3-1)「RGB画像へのスペクトル情報埋め込みのための圧縮耐性を考慮した情報ハイディング」
    番沢和茂,篠田一馬,長谷川まどか(宇都宮大)

 (3-2)「Retinex とDehaze の協調によるシーンの自動色修正(続々報)」
    小寺宏曄(小寺イメージング研究室)

 (3-3)「油彩画のデジタル画像におけるひび割れ検知技術」
    芳賀侑斗(リコーITソリューションズ)

16:25-17:00 総合討論

なお,終日企業展示コーナーにおいて,企業展示が予定されています.

最新情報は,視覚情報基礎研究会のWebページに掲載していきますので,ご覧ください.

研究会終了後,会場近辺にて懇親会(会費5,000円)を予定しています.
懇親会への参加を希望される方は,12/3までに事務局(sig-fvi-staff@is.naist.jp)まで
ご連絡ください.

http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/index.html

問い合わせ先
事務局
 (一社)日本色彩学会 視覚情報基礎研究会
 TEL/FAX 043-290-3485 (担当:堀内)
 Email: sig-fvi-staff@is.naist.jp

2016年10月11日(火) 第29回研究発表会(2016/12/17) 発表募集

日本色彩学会視覚情報基礎研究会 第29回研究発表会

視覚情報基礎研究会では,以下のとおり第29回研究発表会を開催いたします.
大学関係者,企業関係者問わず,幅広く発表者を募集いたしますので,奮って
ご応募ください.
なお,本研究会は既発表内容も歓迎します.国際会議等でご発表された内容を,
是非研究会でもご紹介ください.


日時:12月17日(土)10:00-17:00(予定)
場所:中央大学後楽園キャンパス 3300教室
http://www.chuo-u.ac.jp/campusmap/kourakuen/

発表形式:口頭発表(一般) 1件あたり20分(予定)

申込と採否:発表題目,著者,所属に論文概要(図表込みA4版1枚 形式自由)
      を添えて,11月7日(月)までに申し込んでください.
      プログラム委員会が論文内容を閲読した後に,採否をご連絡します.

問い合わせ先(原稿提出先) 事務局
 日本色彩学会 視覚情報基礎研究会
 Email: sig-fvi-staff@is.naist.jp

論文集原稿締切:12月8日(木)(予定).

研究発表会参加者は,当日資料代(1,000円)をお支払いいただきます.
最新情報は,視覚情報基礎研究会のWebページに掲載していきますので,
ご覧ください.
http://www.color-science.jp/bbs/sig_shikaku/index.html

[バックナンバー] [目次] [トップ]

日本色彩学会
Akiary v.0.61 (retouched)