日本色彩学会第51回全国大会[京都]'20

日本色彩学会第51回全国大会[京都]'20
The 51th Annual Meeting of the Color Science Association of Japan 2020



日本色彩学会第51回全国大会[京都]'20 研究・作品発表募集および参加募集(第2報)

第51回全国大会実行委員長 森本 一成(京都工芸繊維大学名誉教授)

 日本色彩学会第51回全国大会は,2020年(令和2年)6月27日(土),28日(日)に京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパスで開催されます.研究発表およびカラーデザイン作品発表の募集を,2020年(令和2年)1月20日(月)より行います.また聴講参加も受け付けをスタートさせます.
 今回は新たな企画として,若手研究者による未来開拓シンポジウム(仮題)と,メーカーならびに研究室・研究者がソフトや機器の開発とその成果を披露するオープンカラーラボを予定しています.
 会員の皆様には,発表および聴講参加に,是非ともお申し込みいただきますようお願い申し上げます.

会 期 2020年(令和2年)6月27日(土)〜28日(日)
会 場 国立大学法人 京都工芸繊維大学 松ヶ埼キャンパス 60周年記念館
    〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町1
アクセス 市営地下鉄烏丸線「国際会館」行き乗車,「松ヶ崎」駅下車,徒歩約8分.
     (出口1から右(東)へ400m進み,4つ目の信号を右(南)へ180m)
大会HP http://www.color-science.jp/zenkoku2020/index.html
■開催行事
○ 特別講演,招待講演,若手研究者による未来開拓シンポジウム
○ 一般セッション(口頭発表,ポスター発表)
○ 併設行事(企業展示<オープンカラーラボ>,交流会)
○ 本部行事(総会,式典)
○ その他
■参加費
 参加費は下表の通りです.4月24日(金)までの事前登録には,前納参加費が適用されます.大会初日は受付が混雑します.また,交流会は会場定員に達ししだい締切りとしますので,できる限り事前登録にご協力ください.
・名誉会員は大会にご招待いたします.交流会ご参加のみ交流会費を申し受けます.
・総会・式典のみへの出席で来場される場合は,その旨を受付にお申し出ください.大会への参加登録は不要です.

会員種別参加費(前納参加費)交流会参加費(前納参加費)
正会員・賛助会員7,000円(6,000円)6,000円(5,000円)
学生会員4,000円(3,000円)5,000円(4,000円)
非会員(一般)12,000円(11,000円)7,000円(6,000円)
非会員(学生)5,000円(4,000円)6,000円(5,000円)
■事前登録
 4月24日までに(学会誌1月号,Vol. 44 No.1)同封の郵便振替用紙にて参加費をお振込ください.ご入金の確認をもって参加登録完了となります.大会受付にて「振込受領書」をご提示ください.
クレジットカードでもお支払いいただけます。カードでの支払いはこちら.
・振込先 銀行名:ゆうちょ銀行 口座番号:00170-5-791517 加入者名:(一社)日本色彩学会全国大会
・振込手数料は各位にてご負担ください.原則として,送金後の取り消し等による返金は応じかねます.

■研究・作品発表のスケジュール
発表申込の期間・締切2020年(令和2年)1月20日(月)〜 2月10日(月)2月17日(月)
発表形式の通知2020年(令和2年)2月末頃
予稿原稿の締切2020年(令和2年)3月30日(月)
全国大会発表日2020年(令和2年)6月27日(土)・ 28日(日)
■研究発表 募集要項
 募集内容:著者が最近行ったオリジナルで未発表の研究.研究分野を以下に例示しますが,横断的な発表も期待します.
@色覚・生理 A測色・表色・色差 B色光・色材(照明,光源,染料,顔料など) C色彩情報(記録,再現,画像処理,分析・評価など) D色彩心理(感覚・知覚,認知, 感情,調和など) E色彩文化(色彩史,民族・風土・伝統の色など) F色彩芸術(美術,デザインなど) G色彩教育 H色彩と肌・コスメティクス I色彩環境・建築 J色彩と服飾・ファッション K色彩応用・その他

 申込方法:「研究発表申込書(
PDF形式Microsoft Word 形式)」を,e-mailにてご送付下さい.発表 申込者へは,申込みを受けた旨をご連絡します.1週間以上経過しても連絡がない場合には,お問い合わせ下さい.
■カラーデザイン作品発表 募集要項
 募集内容:発表者が最近制作したオリジナルで未発表の作品.作品のデザインコンセプト,制作プロセスの記述,写真等が中心になると思われますが,主催者として許容できる範囲で実物展示,実演などにも配慮いたします.作品の発表分野を例示します.
(A) ファッションカラーデザイン(服飾・メイク・ネイル・ヘアメイク・パーソナルカラーなど),(B) 商品カラーデザイン(商品企画・広告など),(C) 環境カラーデザイン(建築・土木・インテリア・パブリックデザイン・景観色彩計画など),(D) その他(アート性の強い作品,錯視デザインなど)

 申込方法:「作品発表申込書(
PDF形式Microsoft Word 形式)」を,e-mailにてご送付下さい.発表申込者へは,申込みを受けた旨をご連絡します.1週間以上経過しても連絡がない場合には,お問い合わせ下さい.
■発表形式,発表資格
発表形式:(1)口頭(質疑応答時間を含み12分から15分程度を予定しています.)
(2)ポスター(会期を通してポスター掲示し,発表責任時間に説明及び質疑応答を行って下さい.)
登壇発表ではPCプロジェクターなど使用可能です.
発表資格:登壇者・連名者のうち,少なくとも1名が本学会会員であること.
全員が非会員の場合は,発表申込の際,本学会への入会手続きをお願いします.なお,発表奨励賞(後述)の審査対象は,本学会会員(学生会員含む)に限ります.発表奨励賞の審査を希望する場合は,同じく,本学会への入会手続きをお願いします.
■発表申込締切:2020年(令和2年)1月20日(月)〜2月10日(月)2月17日(月)<必着>
発表申込書のひな形(PDF形式Microsoft Word 形式)をご利用ください.
■発表形式の通知:2020年2月末頃
 学会誌編集委員会と実行委員会のもとで,発表内容の概要を確認し,これを踏まえて,発表形式(口頭/ポスター)を決定し発表申込者に通知します.(例年の閲読方式を簡略化し今回は対応します)
 なお,色彩学から著しくかけ離れているもの,特定の個人・団体を誹謗中傷するもの,特定の対象の礼讃・宣伝に終始し,著しく客観性に欠けるもの,その他一般的な学会発表の常識から逸脱しているものは,発表をお断りする場合があります.
■予稿原稿の締切:2020年(令和2年)3月30日(月)<必着>
 予稿原稿の執筆要領を兼ねたひな形(学会HPにも掲載)をもとに執筆してください.学会誌に掲載するアブストラクトも提出してください.
■申込先・問合せ先
日本色彩学会第51回全国大会発表申込受付
e-mail: zenkoku2020@color-science.jp
なお,e-mailをお使いにならない方は学会事務局までお問い合わせ下さい.(Tel & Fax.03-5913-7079)

〈 全国大会発表奨励賞 − 審査希望の申告について 〉

 日本色彩学会全国大会発表奨励賞は,全国大会の研究発表又はカラーデザイン作品発表において,将来性を示す優秀な口頭発表の登壇者,又は,ポスター発表の説明責任者を表彰するものです.
 下記に挙げる(1)から(3)までの全ての条件を満たす方は受賞資格を有します.審査希望者は「発表申込書」の提出時に「審査希望」と明記し,申し出てください.審査及び受賞者の決定は,全国大会発表奨励賞審査委員会が行い,受賞者は大会の式典において表彰されます.

■発表奨励賞の受賞資格:
(1)2020年(令和2年)年4月1日における年齢が満30歳以下(生年月日が1989年4月2日以降)の本会正会員又は学生会員.
(2)当該全国大会における口頭発表の登壇者又はポスター発表の説明責任者であり,かつ発表申込時に発表奨励賞の審査希望を申し出た者.
(3)過去に本会全国大会発表奨励賞を受賞していない者.

《 併設色彩展示会<オープンカラーラボ> 》

 関西支部で2度開催したオープンカラーラボでは,展示と発表が一体化し,人的交流も含め,技術や研究開発の熱い議論の場として好評を博しました.今回の「併設色彩展示会」は,このオープンカラーラボ形式により開催します.
 なお,ご出展いただきますと,出展者と研究室・研究者を紹介するラボカタログ集に各1ページのカタログが掲載されます.また今回,若手支援のプログラムにご協賛いただきたく,展示料の変更をいたしました.ご理解のほどお願いいたします.詳細は案内を作成していますので下記までご請求ください.
 ○併設色彩展示会<オープンカラーラボ>問合せ・申込み先
  第51回全国大会実行委員会 展示会担当 実行委員:辻埜まで
  e-mail: zenkoku2020@color-science.jp またはeditor@color-science.jp Tel. 06-6231-4071
 ○出展料:1コマにつき 100,000円 (別途消費税を申し受けます)
 ○締切日: 2020年(令和2年)3月末(一次締切)



日本色彩学会Webトップページへ URL:日本色彩学会Webトップページへ 日本色彩学会Webトップページ(携帯電話用)へ(携帯電話用)
Copyright 1998-2020 The Color Science Association of Japan. All Rights Reserved.